« 前週は歩かず・・・ | トップページ | 仙石原のタラは・・・ »

2007年3月17日 (土曜日)

達磨山に雪だなんて、この時期に

3月中旬・・・まもなく春の恵み・・たらの芽のチェックにでもと
今日は伊豆の達磨山高原へ
この時までは、天気予報を信じていた
くもりのち晴れ

P1000008_4
さあ出発
8キロ程度の徒歩歩の予定

と白いものがちらちらと・・・・・灰か
いやー雪が。
P1000010

でも今日は  くもりのち晴れ
そのうちに・・・・・ん 晴れ晴れ
それでも寒いねと
防寒対策して出発


P1000011_1


でも
ずんずんと降ってくる
今日は3月17日で春が目の前でも
異常な天気。

P1000012_3

金冠山を登る予定はキャンセルしよう。
雪が吹雪いてきたのでとっとと達磨山まで
一気にいかないと体力心配。
天気なら

P1000013_3
いやー・・・・くもりのち晴れ
でない予報は外れた。
雪で前に歩いている人の足跡が
鮮明にでている
2名
一人は24センチの靴
一人は27センチの靴
靴の種類はウォーキング用か登山用
などと創造しながら
なんとか小達磨山到着

晴れてればこんな

P1000017_3


寒いのでここまで・・ここまで・・と自分にやさしく
人に厳しく・・・Uターン。
急激な下り階段のような山道はひざに負担
ガクガクとひざに来ています。

やっと下りきって戸田峠到着
そこでの会話
神奈川から来た・・・バスがあっので
シルバー軍団 約20名が
うろうろとしている。
道を探しているようだ。

リーダーらしき人が近づいてきて
金冠山に行きたいが入り口が ???
と尋ねられたので
答えは
"あなたの目の前です。お尋ねの入り口は。ハイ"
では。

P1000019_1

寒すぎるので休憩して暖かいものでもと
雪を避けるように
戸田峠のトンネルで休憩
沼津方面の道は封鎖されていたので都合がよい

晴れていれば・・・・・戸田峠
右側に沼津方面への右折すぐトンネル
左側 停留所後ろの階段が少し見えますが
ここから達磨山への入り口です。
P1000020_2

暖をとり終わり
とっとと戻る・・・近道・近道で
18号線の道路をひたすら下って
レストハウス到着

今日は途中断念で4キロ程度
たらの芽は・・・・・
雪のインパクトで・・・・・・
状況の確認は
次回までおあづけとしよう。

Daruma_1

|

« 前週は歩かず・・・ | トップページ | 仙石原のタラは・・・ »

●ウォーキングと散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186496/14298786

この記事へのトラックバック一覧です: 達磨山に雪だなんて、この時期に:

« 前週は歩かず・・・ | トップページ | 仙石原のタラは・・・ »