« 日々努力の・・・・ | トップページ | 久しぶりに箱根古道 »

2007年6月17日 (日曜日)

富士市にも良いところ

P1000029
富士市は製紙の町で日々煙突からもくもくと煙が・・・・と同時にあの
独特の臭い・・・・初めて訪れた人は煙よりも 臭いに驚く
・・・・・・2年間勤務していたが3ケ月で臭いに慣れた。
というところで・・・・こんな渓谷が身近にあるなんて知らなかった。
須津川渓谷・・・スドガワと読むP1000020_3

渓流釣りの人、ウォーキングの人と
いろいろと入り乱れて結構メジャーか。

雰囲気の良いつり橋を渡る
10人以上は不可の案内が良く目立つ
P1000022_2
まず滝を眺めてからスタートです。
P1000023


いきなり登りの階段でいきが切れた
鉄製の階段が100メートル急激な
坂を駆け上がる造り。
P1000024_1

この上に得体の知れない大きな橋がみえたので
とりあえず  目指す。
途中で50センチを越すワラビ発見
P1000025

夏わらびです
この橋は 左は道はあるが舗装無いただの田舎道
右側は完全舗装で・・・
車は通れないようになっている
意味のわからない橋だが
ここから富士の街が一望できる。
P1000028

P1000027
下からはこんな感じで雰囲気はあった。
P1000032

ここから上流部にテクテクと2キロ程度
往復で・・・
お昼はここの渓流場所で休んでいると
P1000030
軽トラが近づいてきて・・・・おっさんが質問してきた
釣りかい・・・なんだい
意味不明
・・・・なんと鹿狩りのおっさんで
軽トラにでっかい鹿一頭が横たわり
これから
川で腹を裁いて洗うそうだ
・・・・どけと言うことか・・・・
下流の釣り人とイワナたち
下流で水を飲む人たち
下流で・・・
下流のことは考えていない地元の鹿狩りの人々 計4人
20日で狩りは禁止らしい。
とっとと、この場所から移動して上流で食事した。
P1000031

|

« 日々努力の・・・・ | トップページ | 久しぶりに箱根古道 »

●ウォーキングと散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186496/15461545

この記事へのトラックバック一覧です: 富士市にも良いところ:

« 日々努力の・・・・ | トップページ | 久しぶりに箱根古道 »