« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の8件の投稿

2007年8月31日 (金曜日)

8月の減量はきびしかった

200708


59キロまでリバウンドしましたが
月末には57.2キロまで戻す。
55キロまで手が届きそうで・・・・・遠い(-_-;)
アト・・・・2.5キロ程度 ガンバロ^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火曜日)

停滞期か

減量生活
この2ケ月は57.8キロ付近を行ったりきたりで
変化なし、停滞期が長いですね。
週末の暴食が原因とマンネリに気持ちも
萎えてきているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土曜日)

夏の芝川・・35℃・・・あへ

何もこの暑さに・・・・予報は36℃に徒歩歩は危険です
冷凍ペットボトル500mm3本準備で
残暑きびしい富士宮の本門寺・・・芝川へ (-_-;) いきますか。

車は芝川の町役場に・・・失礼させていただきました^_^;
Photo

今日は誰にも会えそうもない危険を感じながらスタート なぜ危険か・・・・倒れたときに助けがいない ^^;

P1000001

駐車場を出てすぐに分岐  富士宮方面と白糸の滝方面
白糸の滝方面へ左へ
今日は、6キロ先の西山本門寺にある
織田信長の首塚お参りにに行く予定です。
足がダウンしたらそこでストップして戻るのつもり。

P1000002

いやーーーーーー暑いですねーー太陽が頭のすぐ上、1メートルにあるような・・・ここは冬のコースかも・・・ P1000005
P1000006

・・・・・ここの道は東海自然歩道でした。
・・・・・何も知らずに徒歩歩
地図を見たら東海自然歩道で気がついた(-_-;)
これは数珠になる? 植物で名前は・・・・・・・・・?^_^;P1000008

P1000007

P1000010 お米も頭をたれて収穫まじかのようです。
金色の穂先です。
・・・・・おどろくのは水量です。
今住んでいる水の町・・・三島?がふざけるな・・・というほど
芝川のこのあたりは、山から水があちこちと湧き出でる。
・・・・冷たい水が音を立てて農業用水を駈けていました。
すごい水量ですね。
水は命です。
ここなら住めるかも(^^♪

P1000011

この辺から 体に異変35℃の温暖化に、ボチボチ頭が・・・・ぼーーーと大丈夫だろうか・・・水路の水にタオル浸して頭を覆う。・・・・・・涼しい  なんとか持ちそうだ^_^;このパターン3回P1000012

P1000013

水量はすごいでしょうP1000014

山からの恵みです。
途中この用水に、セリの自生を見つけました (^^♪
少ない知識の山菜を見つけると元気がでますね。

P1000017

畑で生っているオクラに初めてお会いしました
オクラの先の細いほうが上になっていて・・・・・へぇーーーー(^^♪P1000018 この橋を渡れば残り 多分500メートルです。
頭が暑く、バクハツしそうな状況 そんな中 栗が・・・・・・・秋ですか(^_^.) P1000020

P1000019

古--い橋です。
いよいよ見えました。
暑さで疲れています。
P1000022

山門から直線 500メートルはすごい階段と坂戦国の匂いが・・・・

P1000023

歴史
匂い
重厚
やさしさ
が感じる お寺に感じます。
そして日陰がやさしく 涼しいですね。(^^♪
016

境内に樹齢・・・年の銀杏の木はリッパです
014

こんなに
大きい
枝ぶり
手で銀杏が簡単に取れる
やなぎのように垂れていました。
この時期に銀杏の実が落ちていましたよ。
これもびっくりP1000024

西山本門寺リンクです

最後に信長の首塚をお参りして、同じ道を戻りました。 能書きを転載です
JR身延線芝川駅から県道75号を北上すると、約2.5キロで右側に西山本門寺の入り口が見えてくる(案内板あり)。黒門から杉木立の間を幅の広い階段が135段続き、上るとかなりきついが、訪れた人は一瞬にして歴史舞台に立たされた気分になる。

西山本門寺は、北山本門寺を継承した日代上人が西山の地頭大内安清の助力で興国5年(1344)に開基。本堂中央奥の厨子は必見。元和年間(1615~1624)に大阪の豪商七里久円とその子息宗円が造立し、寛永2年(1625)に安置したもので、間口、奥行きともに1.8メートルで、屋根はこけらぶき妻入、正面唐破風付の桃山造りで、細やかな細工が施された華麗なデザイン。

018

・・・・翌日は起きれなくて・・・沈没していました。ミニ熱中症か  体が熱い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日曜日)

松崎の高通山(たかとおりやま)に徒歩歩

天城の深層水を汲みに今日は遠出です。
天城の深層水のページリンク(^^♪

『地すべりに伴う通行止めとなっていた136号線は、
2007年8月11日(土)の昼12時で
片側交互通行により「通行可能」となりました。』
という新聞記事が動機付け・・・・・・応急の橋がかかっていました。

崩壊した場所


・・・・・で先に松崎へ・・・徒歩歩
現地について・・・・駐車場がわからず うろうろ
地図をみたらもっと先だった。・・・・・・地図はほんと
便利になりました 無料ソフトのカシミール3Dで・・・・

高通山の入り口です。
駐車場の脇にありました。

右方向は波勝崎へ3キロ程度
左方向はイセエビで有名な雲見です。
P1000018_2


P1000023

P1000022_2

駐車場の横で出迎えてくれた・・・・・花

P1000021_2


スタートから500mまではゴロタ石がお出迎えで
歩きにくいです。駐車場の隣はオートキャンプ場ですが
大勢いましたが 誰も上らないのかこの低山に。
よく説明された他の高通山のリンクです(^^♪

頂上まで519m たったの1.2~3キロ程度だが
急な道で登りは・・・・Kao01160分もかかって

P1000019
頂上からの風景は
南に波勝崎
北に富士山と絶景のハズでしたが ガスで見えず
P1000007
P1000008
P1000010
・・・・そして・・・・・・頂上はワラビのパラダイス状態でした。
これ ほとんどワラビです。
群生しています。
ワラビを踏みながら頂上到達
これはこれは 来年の春が楽しみな頂上です。(^^♪


P1000006
そうそう途中の猿岩という岩の休憩地点で
大きい タラ 5本発見 うるしの木と共生していような
最初は全部うるしと思っていた。
見にくいですがタラです


せみの鳴き声は麓はみんみんゼミとあぶらゼミ
頂上付近はつくつくぼうしと季節が混在していた。
つくつくぼうしは晩夏のせみでもうすぐ 秋ですね。

P1000013
P1000015
P1000016
P1000009


こちらの高通山のリンク(^^♪

駐車場にもどり
いっぷくして・・・・・・日ざしがあつーい・・・冷たいタオルで癒し
生きをついてから

さあ これから天城の深層水を汲みに。
で・・・100円でした。・・・・100円で2分間 約20リットル程度
最近有料化したようです。
でも 20リットル100円は安いですね。

天城の深層水は飲んでみたら 水がのどに絡みつく感じでやさしい味 でした。

能書きの抜粋
現在、判明している【健】水の特徴を要約しますと以下のとおりです。天城山系地下1000mから湧出した天然のろ過器を通った安全な山の深層水です。又、ミクロクラスター(水の分子が極めて小さいこと)のため、飲みやすく体に早く吸収されます。

無菌(静岡県生活科学検査センターにて検査)という大変珍しい水です。又、無菌を長期間維持できる極めて清浄度の高い水です。

人間の血液や体液は、PH7.35±0.05です。【健】水はPH7.6、で限りなくこれらに近い弱アルカリ水です。

カルシウムが58㎎/で通常の水の4倍と多く、ナトリウムが少なく他のミネラル分も適度に有し、軟水の良さもそなえた硬水(硬度153)で日本ではまれな水です。

加熱処理しても成分変化があまり見られません。

還元力があり、酸化力を封じる能力がある水のようです。簡単にいえば、「酸化」は物を腐敗させ「還元」は物を蘇生させるということのようです。

「抗酸化性がある水かどうか」。研究の結果、抗酸化力の高い水でした。、生活習慣病の原因といわれている活性酸素を減らし体外に排泄することができる「すごい水」です。

硝酸性窒素が極めて少ない水です。硝酸性窒素は、赤ちゃんの突然死(メトへモグロビン血症)や妊娠の流産、癌、アトピーの発症原因となる可能性の高い化学物質です。

現在、問題となっている水道水は通常の浄水器では硝酸性窒素は消去しにくいといわれています。市販のミネラルウォーターにも混入しているものもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土曜日)

またまた姥子から徒歩歩

P1000010_2

2週連続姥子からです。
すずしさを求めてきましたが(^^♪
今日は暑くなりそう 先週は23℃でしたが
今日は天気は晴れで30℃以上の予報・・・・暑いですね(-_-;)

何台か先客が・・・
みんなここに車をおいていきます
大涌谷の駐車場は有料ですがここは無料ですから。
そしてここから
徒歩か
ロープウェイで大涌谷に・・・・
P1000011
P1000013
P1000012_2
ここが入り口です
今日は姥子・・・大涌谷・・・早雲山駅・・・・大涌谷・・・・姥子の予定だった^_^;

水引がお出迎え

タデ科の多年草。山野の陰地に自生し、茎は高さ約60センチメートル。通常、葉の表面に暗紅色の斑がある。夏秋の頃、赤色の小花をまばらに穂状につけ、それを水引に見たてた。白い花のものを「銀水引」、紅白まじりのものを「御所水引」ともいう。ミズヒキグサ。・・・・・というそうだ

この時期は茎の成長が早い(^。^)
先端が延びていますね。
P1000014
P1000015
富士山も今日はくっきりと顔を出してます。雪もまだ少し残っています。

ここまでは普通に徒歩歩
まだまだ元気です
うぐいすも鳴いてて・・・・(^^♪
P1000017
参考マップ

大涌谷の入り口です
このお父さんに道を聞かれました。
このお父さんは一人で山登りだそうです
ここから入れますか
ハイ
入れますよ・・・・自信はないが答えました^_^;
このお父さんとは 頂上で再会しました。
・・・・・・そして
団体を探しているといました。
・・で・・・・・・・・・合流しました。
平均年齢65歳か・・・・(^_^.)^_^;
P1000021

P1000020
P1000019
P1000023
P1000022






ここまではまだまだ
順調でした。

この先がすごかった
道を間違えた・・・・
神山にはいくつもりはありませんでした。

・・・・・・・・・ついて行ったら神山だった・・・・・・・・・
先のお父さんも先にいた
ほんとは早雲山駅から
もどるつもりが山登りのハメに・・・・
・・・・・・・・・・・・・キツカッタ(-_-;)(・_・;)(~_~)
ふくらはぎはパンパンに
P1000025
P1000026
途中で休み休み
富士を見ると
景色は最高
御殿場市
裾野市
春先に行く十里木
が一望です。きれいでしたね。

神山の参考画像リンク

神山の頂上でお父さんとしばし休憩後
頂上から一気に大涌谷まで降りて
そして姥子まで・・・大変に疲れました。
ひざが笑い(^^♪
ふくらはぎが鳴き
よく急激な坂道を登ったものだと自分に感心した。('_')

Map3
おまけ
撮っていただきました
若いと思っているのは本人だけ・・ですね。
年はやはり取っています
よく見るとやはり56歳だね・・・・・(-_-;)
P1000024_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火曜日)

熱海多賀の風景

仕事で昼休み・・・・・・・
熱海多賀の山の中腹より南側・・・・真下は多賀の町並み
右方面は・・・・・・網代の画像です。
夏の趣で真っ青な海と空のコラボでした。
P1000001

湯河原方面に目をやると
海よりも山よりも
ガードレールの線に楽しさ・・・・・・

P1000003
人の時間と手づくり感が
醸し出ているようで

先の薄い半島は真鶴半島です。
ここで弁当を食しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日曜日)

暑いのですずしい湖尻から

P1000004
三島の予報は暑いので・・・・32度だ
とても麓では徒歩歩は無理で
暑さで倒れるかも・・・・


Ubako0805
すずしい湖尻へ・・・・・・ここまでロスタイム有り
箱根ビジターセンターからスタート
ガスが出て涼しい
くもりのような状況
大涌谷のハイキングコースへ徒歩歩 23度の快適な温度です。
夏休みで人多いです。
P1000022
日曜日で人も多いですね。
P1000023

P1000002
手まりあじさいがピークでしょうか。
P1000003
夏季の花が満開です
種類がわかりませんが。
ハハハ・・・・・・・(^^)/~~~
P1000012

P1000005

P1000010
申し込むとボランティアの方が
案内と自然の木々などを説明しながら
ハイキングが楽しめます。

P1000006
P1000007
ロープウェイとハイキングコースのクロス地点です。
ロープウェイもいいですが
歩きましょう。
・・・・・
P1000008
P1000011
でここは危険です。
すべるすべる
石がツルツルとすべります。











だんだんと晴れてきました。
スタート時は曇りですずしく感じましたが
暑い・・・・・・・・・・・・
P1000014
P1000013

ずーっと登りで・・・・・
あせがすごい
休憩してはいられない。

P1000017

P1000015
を過ぎて
もうすぐ・・・・・か
足が重い・・・・
あせがすごいです。
そして硫黄の臭い・・・・・は強烈に感じるようになりました。

ぼちぼち
まもなく目的地か
P1000018
・・・・・・・到着しましたね
人がすごい
温泉たまご売り場は行列です。でも
並んでいるのは
・・・・・%$#00#")(=~7''%"!・・・・・?????日本語でない人種多数発見
中国人と
韓国人か
イヤーおどいたです。アジア的風景

P1000019
帰りは・・・・・下向いて歩いて
落ち着いて
・・・・・・きのこ発見
P1000020

下山
到着
解散の輪・・
・・・・・・・・
P1000021
帰りは芦ノ湖の花火大会だった
道路が渋滞で・・・・・・・・こまりましたね。
でも
風とガスでほんとに開催できるのだろうか
15時現在 風強し
ガスで先がみえないですよ。(-_-;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水曜日)

順調に減量

Image1

夕食をキャベツ主体に変更
おからクッキーは たまに程度で変更
程よく減量していますが
夜21時ごろにつらいですね
16時にはお腹ぺこぺこのあいずが・・・・・
我慢ガマンで・・・・・

現在57キロまできました。
停滞期が必ず30日程度訪れます。

昨年10月まで穿いていたジーンズはブカブカで
ウェストは85センチ・・・・・・・現在79センチまできましたが
理想は76センチあと 3センチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »