« またまた姥子から徒歩歩 | トップページ | 夏の芝川・・35℃・・・あへ »

2007年8月19日 (日曜日)

松崎の高通山(たかとおりやま)に徒歩歩

天城の深層水を汲みに今日は遠出です。
天城の深層水のページリンク(^^♪

『地すべりに伴う通行止めとなっていた136号線は、
2007年8月11日(土)の昼12時で
片側交互通行により「通行可能」となりました。』
という新聞記事が動機付け・・・・・・応急の橋がかかっていました。

崩壊した場所


・・・・・で先に松崎へ・・・徒歩歩
現地について・・・・駐車場がわからず うろうろ
地図をみたらもっと先だった。・・・・・・地図はほんと
便利になりました 無料ソフトのカシミール3Dで・・・・

高通山の入り口です。
駐車場の脇にありました。

右方向は波勝崎へ3キロ程度
左方向はイセエビで有名な雲見です。
P1000018_2


P1000023

P1000022_2

駐車場の横で出迎えてくれた・・・・・花

P1000021_2


スタートから500mまではゴロタ石がお出迎えで
歩きにくいです。駐車場の隣はオートキャンプ場ですが
大勢いましたが 誰も上らないのかこの低山に。
よく説明された他の高通山のリンクです(^^♪

頂上まで519m たったの1.2~3キロ程度だが
急な道で登りは・・・・Kao01160分もかかって

P1000019
頂上からの風景は
南に波勝崎
北に富士山と絶景のハズでしたが ガスで見えず
P1000007
P1000008
P1000010
・・・・そして・・・・・・頂上はワラビのパラダイス状態でした。
これ ほとんどワラビです。
群生しています。
ワラビを踏みながら頂上到達
これはこれは 来年の春が楽しみな頂上です。(^^♪


P1000006
そうそう途中の猿岩という岩の休憩地点で
大きい タラ 5本発見 うるしの木と共生していような
最初は全部うるしと思っていた。
見にくいですがタラです


せみの鳴き声は麓はみんみんゼミとあぶらゼミ
頂上付近はつくつくぼうしと季節が混在していた。
つくつくぼうしは晩夏のせみでもうすぐ 秋ですね。

P1000013
P1000015
P1000016
P1000009


こちらの高通山のリンク(^^♪

駐車場にもどり
いっぷくして・・・・・・日ざしがあつーい・・・冷たいタオルで癒し
生きをついてから

さあ これから天城の深層水を汲みに。
で・・・100円でした。・・・・100円で2分間 約20リットル程度
最近有料化したようです。
でも 20リットル100円は安いですね。

天城の深層水は飲んでみたら 水がのどに絡みつく感じでやさしい味 でした。

能書きの抜粋
現在、判明している【健】水の特徴を要約しますと以下のとおりです。天城山系地下1000mから湧出した天然のろ過器を通った安全な山の深層水です。又、ミクロクラスター(水の分子が極めて小さいこと)のため、飲みやすく体に早く吸収されます。

無菌(静岡県生活科学検査センターにて検査)という大変珍しい水です。又、無菌を長期間維持できる極めて清浄度の高い水です。

人間の血液や体液は、PH7.35±0.05です。【健】水はPH7.6、で限りなくこれらに近い弱アルカリ水です。

カルシウムが58㎎/で通常の水の4倍と多く、ナトリウムが少なく他のミネラル分も適度に有し、軟水の良さもそなえた硬水(硬度153)で日本ではまれな水です。

加熱処理しても成分変化があまり見られません。

還元力があり、酸化力を封じる能力がある水のようです。簡単にいえば、「酸化」は物を腐敗させ「還元」は物を蘇生させるということのようです。

「抗酸化性がある水かどうか」。研究の結果、抗酸化力の高い水でした。、生活習慣病の原因といわれている活性酸素を減らし体外に排泄することができる「すごい水」です。

硝酸性窒素が極めて少ない水です。硝酸性窒素は、赤ちゃんの突然死(メトへモグロビン血症)や妊娠の流産、癌、アトピーの発症原因となる可能性の高い化学物質です。

現在、問題となっている水道水は通常の浄水器では硝酸性窒素は消去しにくいといわれています。市販のミネラルウォーターにも混入しているものもあります。

|

« またまた姥子から徒歩歩 | トップページ | 夏の芝川・・35℃・・・あへ »

■ウォーキングと散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186496/16174576

この記事へのトラックバック一覧です: 松崎の高通山(たかとおりやま)に徒歩歩:

« またまた姥子から徒歩歩 | トップページ | 夏の芝川・・35℃・・・あへ »