« 松崎の高通山(たかとおりやま)に徒歩歩 | トップページ | 停滞期か »

2007年8月25日 (土曜日)

夏の芝川・・35℃・・・あへ

何もこの暑さに・・・・予報は36℃に徒歩歩は危険です
冷凍ペットボトル500mm3本準備で
残暑きびしい富士宮の本門寺・・・芝川へ (-_-;) いきますか。

車は芝川の町役場に・・・失礼させていただきました^_^;
Photo

今日は誰にも会えそうもない危険を感じながらスタート なぜ危険か・・・・倒れたときに助けがいない ^^;

P1000001

駐車場を出てすぐに分岐  富士宮方面と白糸の滝方面
白糸の滝方面へ左へ
今日は、6キロ先の西山本門寺にある
織田信長の首塚お参りにに行く予定です。
足がダウンしたらそこでストップして戻るのつもり。

P1000002

いやーーーーーー暑いですねーー太陽が頭のすぐ上、1メートルにあるような・・・ここは冬のコースかも・・・ P1000005
P1000006

・・・・・ここの道は東海自然歩道でした。
・・・・・何も知らずに徒歩歩
地図を見たら東海自然歩道で気がついた(-_-;)
これは数珠になる? 植物で名前は・・・・・・・・・?^_^;P1000008

P1000007

P1000010 お米も頭をたれて収穫まじかのようです。
金色の穂先です。
・・・・・おどろくのは水量です。
今住んでいる水の町・・・三島?がふざけるな・・・というほど
芝川のこのあたりは、山から水があちこちと湧き出でる。
・・・・冷たい水が音を立てて農業用水を駈けていました。
すごい水量ですね。
水は命です。
ここなら住めるかも(^^♪

P1000011

この辺から 体に異変35℃の温暖化に、ボチボチ頭が・・・・ぼーーーと大丈夫だろうか・・・水路の水にタオル浸して頭を覆う。・・・・・・涼しい  なんとか持ちそうだ^_^;このパターン3回P1000012

P1000013

水量はすごいでしょうP1000014

山からの恵みです。
途中この用水に、セリの自生を見つけました (^^♪
少ない知識の山菜を見つけると元気がでますね。

P1000017

畑で生っているオクラに初めてお会いしました
オクラの先の細いほうが上になっていて・・・・・へぇーーーー(^^♪P1000018 この橋を渡れば残り 多分500メートルです。
頭が暑く、バクハツしそうな状況 そんな中 栗が・・・・・・・秋ですか(^_^.) P1000020

P1000019

古--い橋です。
いよいよ見えました。
暑さで疲れています。
P1000022

山門から直線 500メートルはすごい階段と坂戦国の匂いが・・・・

P1000023

歴史
匂い
重厚
やさしさ
が感じる お寺に感じます。
そして日陰がやさしく 涼しいですね。(^^♪
016

境内に樹齢・・・年の銀杏の木はリッパです
014

こんなに
大きい
枝ぶり
手で銀杏が簡単に取れる
やなぎのように垂れていました。
この時期に銀杏の実が落ちていましたよ。
これもびっくりP1000024

西山本門寺リンクです

最後に信長の首塚をお参りして、同じ道を戻りました。 能書きを転載です
JR身延線芝川駅から県道75号を北上すると、約2.5キロで右側に西山本門寺の入り口が見えてくる(案内板あり)。黒門から杉木立の間を幅の広い階段が135段続き、上るとかなりきついが、訪れた人は一瞬にして歴史舞台に立たされた気分になる。

西山本門寺は、北山本門寺を継承した日代上人が西山の地頭大内安清の助力で興国5年(1344)に開基。本堂中央奥の厨子は必見。元和年間(1615~1624)に大阪の豪商七里久円とその子息宗円が造立し、寛永2年(1625)に安置したもので、間口、奥行きともに1.8メートルで、屋根はこけらぶき妻入、正面唐破風付の桃山造りで、細やかな細工が施された華麗なデザイン。

018

・・・・翌日は起きれなくて・・・沈没していました。ミニ熱中症か  体が熱い。

|

« 松崎の高通山(たかとおりやま)に徒歩歩 | トップページ | 停滞期か »

■ウォーキングと散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186496/16234578

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の芝川・・35℃・・・あへ:

« 松崎の高通山(たかとおりやま)に徒歩歩 | トップページ | 停滞期か »