« 季節がおかしく・・・体も変 | トップページ | 暑さも彼岸まで・・・ »

2007年9月22日 (土曜日)

富士宮の田貫湖

富士宮田貫湖の長者ガ岳へ
お彼岸の入りなのに30℃と残暑が残り
・・・・・・・たったの3キロの徒歩歩の予定が・・・途中でダウンしました。
Tt1006
先日 先輩より山ヒル被害のレクチャーがありましたので足元を特に注意して防御しました。
特に今年は被害が相当で社会問題化になりつつあるようです。
丹沢山系に多発中だそうです。

P1000007
P1000009
P1000010
さあここからスタートですね
へらぶなの釣りの人が多く出ています。
対岸の正面に見える山の稜線が登山道です。

下に小さく白くあるのは駐車場です。
それが下の画像です。
P1000011

P1000015
ここから
山登りの
・・・・入り口です。

P1000014

P1000016
P1000017

P1000018

いきなり
ですか・・・・
階段・・・

P1000020_2
P1000022

急な階段の連続と
勾配は30度以上かも
いやーな予感です。



P1000023







途中登りきると
半分植林
半分 自然林と稜線を分けていました
ヒルがいるのかいないのか
ここまで
背中から ・・・汗がすごいです

P1000024

P1000026
P

ほっと一息
この花は
しもばしら

しもばしらリンクです

という花だそうです。
P1000028





ここで休憩していたら

お年寄り5人組
男子二人
女子三人
追いつかれてしまった
恐るべきお年よりの健脚で・・・・・・・
うらやましい限り・・・・
私の足はボチボチ・・・(>_<)
でも・・・・・・・・・・きついのはここまでだよ
残りは平坦と傾斜と・・・・云々と暖かいお言葉を頂き
ジャもう少しがんばろうか・・・・^_^;
P1000029
P1000030
P1000031
P1000032_3


この最後に歩いているオバチャン・・・・ヨロヨロと
歩いているので
必死に追いつこうするが・・・・・なぜか追いつかない
どんどん離される
・・・ふしぎ(-_-;)
・・・・・この先で又又
・・・・急な魔の階段
さっき休憩していたときの会話は
・・・・きついのは ここまで
これからは らくらく・・・・・
・・・・はウソジャン
勇気を持って
ここでUターンしました。

体力の限界(-_-;)・・・・・あと1キロだが・・・^_^;
戻るのも勇気(^^♪歩数は
P1000037
帰りは別の道で
センブリ
タラ
などを発見してとろとろと歩いて・・・・13000歩の徒歩歩
そして 蝉 オーシーツクツクとまだ
つくつくぼうしが頑張っていましたね。
P1000044
時間がありましたので
・・・・近辺を散策してたら滝に遭遇しました。

陣馬の滝というところです。
水がとてもきれいで冷たい

・・・・みなさん伏流水をペットボトルに収めていました。
能書き抜粋・・・・・
陣馬の滝は、五斗目木川にかかる滝で、富士宮市猪之頭に位置する。
上流からの水の流れと、溶岩層の隙間から湧き出る水が滝をなしている。
鎌倉時代に富士山の麓で巻狩りをした源頼朝が、日が暮れて滝の近くに一夜の陣を敷いた
と伝えられる。それからの後、この滝を陣馬の滝と言うようになった。
陣馬の滝リンクです


|

« 季節がおかしく・・・体も変 | トップページ | 暑さも彼岸まで・・・ »

●ウォーキングと散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186496/16533413

この記事へのトラックバック一覧です: 富士宮の田貫湖:

« 季節がおかしく・・・体も変 | トップページ | 暑さも彼岸まで・・・ »