« 早一年ですか・・・ | トップページ | 函南から玄岳へ »

2007年10月 6日 (土曜日)

富士山の宝永山へ・・・・徒歩歩

自宅から御殿場へ
御殿場から富士宮側の富士山五合目へ
麓は天気良く23℃で気持ちの良い空気ですが
富士山方面を見ると真っ白な雲に覆われています・・・やーな予感

五合目はどうだろか・・・・・・・・・・・・・
やはりガスが覆って寒い8℃でした・・・・(-_-;)
冬仕度はしていませんが・・・・厚着でいこう

P1000001_2
P1000002_2

P1000005_2
P1000004_2

五合目に到着して
バスも到着かぞろぞろとヨーロッパ系の観光バスですかね。
この寒さに半そでの人がいます。
P1000003_2

・そしておどろきは人の多さです。


途中 沼津ナンバーの車があちこちに
道路に結構駐車してありましたが
・・・・多分 きのこ狩りでしょう
こちらは 九州から東京~とほとんどがビジターの方々の車です。
この感じで200メートルくらいつながっています。

P1000006_2

・・・・・・そしてほんと・・・・・・寒いです  8℃ はい^_^;
ちょうど 70歳前後の団体さんが整列していました。
30人前後です。
チョット 声をかけてルートを聞いてみましたら
富士宮口から宝永山 経由 太郎坊 御殿場へとのことで
・・・一直線か

私は・・・・・途中まで同行です。
宝永山登って同じ工程を戻るつもりです。

P1000008_3
P1000007_3
P1000009_2
P1000011_2
さあ  いきますかね
真っ白ですね先が見えません。
そして無防備での登山は危険ですよ。
ズックでは登れませんよ
・・・・・といいたい位に軽装の方が
P1000013_2


そしてガス・・・ガスで前が・・・・・・・・・見えない(-_-;)
・・・・・見えないですね^_^;

P1000014_2
P1000015_2

P1000018_3
P1000016

P1000017

六合目の休憩所・・・・・・・・・え
500リットルのペットボトル300円だと
へーーーーーの山小屋
これが富士山の常識
世間の非常識です・・・・ね
むかしは人力で荷物を上げていましたけども
・・・・・今はキャタピラ車で上げているジャン

なんてことぶつぶつといいながら
先を急いで・・・置いていかれそう

P1000019_2
P1000020_2
P1000015_3
P1000038

P1000028
晴れていたらこの辺です。
上のほうの斜めの線・・・・
" く" の字に見える線は宝永山に向かう山道です
小さい白い点は・・・・・登っている人ですよ
・・・・・すごい傾斜です・・・・・結果的には
・・・・・・くの字の右に曲がるところの
手前であきらめました・・・はい(>_<)
P1000021
P1000025
アザミですね
しっかりと生きてます。
P1000026
P1000027
意味不明ですが
石積みです
これが大きい岩で・・・
P1000031222
休憩を終了して  さあ(-_-;)
・・・・・・・宝永山へトライ
あの45度の傾斜 登り・・・・行きたくはないが^_^;

そして見させてもらいました
70歳のパワー軍団(^^♪
確実に一歩二歩と登りつめていました。
お疲れ様でした。

P1000035
一瞬晴れました。
P1000033
軽石とジャリで一歩前進・・・半歩後退と足が取られる
そして疲れます。

半分まできて・・・・・・頭痛とめまいで危険を感じ(・_・;)
・・・・・あきらめよう(-_-;)で下山です
P1000037

P1000034
ここでUターンしました。

P1000039
帰りの道
下に見えるのは駐車場です
白いものは車です。
P1000040_3


P1000041
・・・・・・今日の徒歩歩結果
7151歩
晴れたら又来て見よう
今日のコンデションは雨にならず幸い
晴天ならこんな景色

麓との温度差は体調を壊しそう。
九州はいまだに 31℃と残暑です。

|

« 早一年ですか・・・ | トップページ | 函南から玄岳へ »

●ウォーキングと散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186496/16677319

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山の宝永山へ・・・・徒歩歩:

« 早一年ですか・・・ | トップページ | 函南から玄岳へ »