« 身延山の春満開たっぷり3時間 | トップページ | 恒例の富士演習場で山菜収穫と徒歩歩 »

2009年4月12日 (日曜日)

春まっさかりで山菜を味わう

今日は午後から24℃の気温上昇で
春が過ぎたような暑さを感じましたが・・^_^;

タラの収穫も例年より早いのかも----と思い
天城にタラの芽 探し

例年実績のある 大小20本の群生地に直行するが
先行の人がすべてを収穫したあとで (-_-;) ^_^;
ただの  "タラ" で タラの "芽"はどうした状態 (-_-;) ^_^;

Imgp0146

その中の1本 目こぼし発見で
芽から大きく育っていました
観賞してこの場はあきらめて--^_^;

Imgp0147

毎年そのタイミングで
はずれと
大当たりの繰り返し

残念でしたが 新発見も
桜のあとの "みつばつつじ"が
これから満開を迎えるようです
この花の色は独特で
生を見たら もっと感動すると思いますが

Imgp0144

Imgp0145

ここから川沿いに上流を目指します
この上流で昨年発見した "コゴミ"は
まだまだ小粒で 1週間早い感じです
来週は無理か・・・・・^_^;
Imgp0148

今日の収穫は
森林の中の 
ポッカリ切り開かれた空間に
大きなタラノ木
5メートル級の大木2本
枝分かれが多くて

二桁の芽が-----(^^♪
背が大きくなりすぎて
芽は採られずに
いままであったのでしょうか

釣竿をタラの芽収穫用に改造した道具で
カンタンにゲットしました (^^♪

タラの芽
Imgp0152
みつば
Imgp0153
セリ
Imgp0154
タケノコ・・・・帰りに買ったものですが ^_^;
Imgp0155

春の旬のものを食して
健康と季節を楽しむ
今日でした (^^♪

松任谷由実

淡き光立つ 俄雨
  いとし面影の沈丁花
  溢るる涙の蕾から
  ひとつ ひとつ香り始める
  それは それは 空を越えて
  やがて やがて 迎えに来る
  春よ 遠き春よ 瞼(マブタ)閉じればそこに
  愛をくれし君の なつかしき声がする

  君に預けし 我が心は
  今でも返事を待っています
   どれほど月日が流れても
  ずっと ずっと待っています
  それは それは 明日を越えて
  いつか いつか きっと届く
  春よ まだ見ぬ春 迷い立ち止まるとき
  夢をくれし君の 眼差(マナザ)しが肩を抱く

  夢よ 浅き夢よ 私はここにいます
  君を想いながら ひとり歩いています
  流るる雨のごとく 流るる花のごとく

  春よ 遠き春よ 瞼閉じればそこに
  愛をくれし君の なつかしき声がする

  春よ まだ見ぬ春 迷い立ち止まるとき
  夢をくれし君の 眼差しが肩を抱く

|

« 身延山の春満開たっぷり3時間 | トップページ | 恒例の富士演習場で山菜収穫と徒歩歩 »

●ウォーキングと散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 身延山の春満開たっぷり3時間 | トップページ | 恒例の富士演習場で山菜収穫と徒歩歩 »