« 涼しくなって久しぶり仙石原の徒歩歩 | トップページ | 沼津千本浜から富士東田子の浦10キロ徒歩歩 »

2012年9月16日 (日曜日)

箱根やすらぎの森の散策と芦の湖周りの徒歩歩

箱根やすらぎの森も夏休みも終わりで

人影もほとんどなく静かな森に

大きい地図 

駐車場を起点に

してだらだらと外周でもと・・・(^_^;)

ここから遠目に「駒ヶ岳」の展望台が

入道雲の下に見えますね

Dscf1109

先客1

少し上って湖まで一気にダウン

Dscf1112

日陰に救われて

足も進みます

Dscf1114

Dscf1115

ちょうど「シキミ」に実がなり始めて

香も.いいのですが 毒もあるので注意が必要

Dscf1117

Dscf1116

ちょうど木が途切れて

湖が見えたこの場所で

「ツルニンジン」を発見

Dscf1120

「ツルニンジン」を発見

貴重です・・・・・漢方薬

乱獲されて、最近では発見したのは

3年ぶりか

5年ぶり

この時期にこのような花が咲いて

「ツルニンジン」とわかります

Dscf1124_2

Dscf1125

釣りのボートが真下で

・・・・声がするのと

今だに「ミンミンセミ」の鳴き声が・・・・・

夏は終わっていませんでした

Dscf1127

「シモツケ草」

8月は晩期ですが いまだに咲いています

Dscf1111

うばゆり(姥百合)」のつぼみ

新芽は、球根も新芽も山菜として食べられるそうで

山地の森林に多く自生する

これも夏の花

Dscf1132

先週も見かけた

「ホトトギス」が勢いよく咲きはじめ

秋の花

Dscf1128_2

自然薯の「ムカゴ」もボチボチと出始めました

Dscf1129_2

自然薯の葉

Dscf1130

「山うど」の花も発見

ボンボンのようで

この時期はわかりやすい

終盤ですね

春は山菜として 天ぷらに最高です

Dscf1133

最初に出てきた民家は3軒

皆 廃墟でした

Dscf1134

庭にはリッパな

「タラの木」の花が咲いていて

秋を感じながら

箱根旧街道のゴロタ道へ

Dscf1135

Dscf1149

Dscf1147

Dscf1143

Dscf1148

Dscf1145

ここで秋の定番

「彼岸花」発見

夏なのか秋なのか

ほんとうに今年は天候が・・・・・(^_^;)

Dscf1142

Dscf1141_2

道路は旧1号線で

旧東海道はその下をトンネルでくぐります

Dscf1150

Dscf1153

外周1周

今日の収穫は 「ツルニンジン」の発見

下り坂で・・・・足はパンパンに・・・・・(^_^;)

ウィキメディア

朝鮮ではトドック(더덕)といい代表的な山菜である。根をキムチや揚げ物、和え物にし、若芽も食べる。野生品は少ないので栽培もする。沙参とも呼ぶが、これは本来ツリガネニンジン属(シャジン)の呼び名である。

また高麗人参と同じような効能があるといわれ薬用にもされる。漢方ではツルニンジン属の他種を含め党参(トウジン)と呼ぶ。ツルニンジンの中国名は羊乳。

 

|

« 涼しくなって久しぶり仙石原の徒歩歩 | トップページ | 沼津千本浜から富士東田子の浦10キロ徒歩歩 »

●ウォーキングと散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186496/55671126

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根やすらぎの森の散策と芦の湖周りの徒歩歩:

« 涼しくなって久しぶり仙石原の徒歩歩 | トップページ | 沼津千本浜から富士東田子の浦10キロ徒歩歩 »