« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の3件の投稿

2013年5月26日 (日曜日)

東富士演習場の「ふき」採りに

富士山からの風は

夏のような天気の中にやや冷たく 心地よい

今年はあまり 山菜採りは来なかった

忘れていた「ふき」採りに

Dscf35271_2

ふきのある場所を転々と歩いて 歩いて 探す

いい運動になりますが

ときどき 「招かざる客」・・・まむしと鉢合わせが

多々ありますので注意が必要で・・・・・(^^;;;

Dscf3529

Dscf3530

今日一番のもの 長さと太さ

この群生地に当たるとラッキーで・・・・・(^^♪

Dscf3539

富士あざみ ?も満開

Dscf3533

Dscf3534

晴れていたのが

急に 曇りで 長居は無用か

Dscf3532

「山ウド」があちこちに 群生していて収穫できますが

今日は あちこちで 「ふき」の採取中心のようでした

60分での最初の成果

「ふき」

「山ウド」

Dscf3537

日曜日も訓練の自衛隊のジープと

すれ違い・・・・・ご苦労様ですと・・・・・(^_^;)

Dscf3543

そっさく 今日から 10日程度のおかず

「キャラブキ」の調理を・・・・・

Dscf3545

しばらく運動らしい運動をしていなかったので

・・・・・・帯状疱疹になってから3週間・・・・「とほほ」

結構足に来て疲れました  (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土曜日)

いよいよですか・・・・・心配の種

温暖化が危険水準に近づく CO2初の大台超え

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20130511-1125504.html

2013.05.10の記事

米海洋大気局(NOAA)は10日、ハワイのマウナロア観測所で測定した大気中の二酸化炭素(CO2)の
平均濃度が9日に1958年の観測開始から初めて400ppmの大台を超え、最高値を記録したと発表した。
同観測所のデータは大気の状態を正確に把握する世界の標準的指標。地球温暖化の深刻な被害を避けるためには、
CO2を含む温室効果ガスの濃度を450ppmまでに抑える必要があるとされ、危険水準にまた一歩近づいた。

国際社会では、温室効果ガス排出をめぐる京都議定書に代わる枠組み作りの交渉が続いているが、
各国が大幅削減を受け入れるめどは立っていない。リベラルな科学者で組織する米国の「憂慮する科学者連盟」は
「一刻も早くCO2排出を減らさないと、猛暑や暴風雨、干ばつなどの異常気象が常態化する」と警告する声明を出した。

 NOAAによると、同観測所では今月4日までの1週間に平均399・58ppmを記録。
濃度は5日以降に変動しながら上昇し、9日に400・03ppmに達した。昨年の同時期は約397ppm、
10年前の同時期は約379ppmだった。

 同観測所は標高3397メートルにあり、人間活動の影響を受けにくい。恒常的に400ppmを超えることになれば、
地球規模の温暖化が起きた500万~300万年前の鮮新世と呼ばれる時期以来となる。

 昨年春には日本やアラスカなどで月平均濃度が400ppmを超えたが、同観測所ではそれより低くとどまっていた。

 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、人為的な温室効果ガスの排出が急増した18世紀後半の産業革命以降の
気温上昇を2度以内に抑えるには、温室効果ガス濃度を450ppmまでに抑制する必要があると指摘している。
産業革命前のCO2濃度は約280ppmと推定されている。(共同)

個人的には、このような情報については、ほぼ正確に発信されていて、
根拠は「不都合な真実」です。

政治も無力で・・・・
このまま 変えられずに地球は・・・・・・・・? (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水曜日)

ヘルニア再発ダウン

ヘルニア再発

リバウンドが原因か

通院も復活し・・・・・ (-_-;)

帰りに気になっていた

「三島市の古墳公園」へ

Dscf3178

残念なのは・・・・駐車場は7台程度のスペースで

配慮の無さ・・・・行政

Dscf3179_2

Dscf3180

Dscf3181

Dscf3185

Dscf3191

たぶん アケビの葉  五つ葉のようで

Dscf3193

ドウダンツヅジ ?

Dscf3195

Dscf3194

Dscf3196

歩くのも難儀で・・・・

5分もあれば公園全部は見れそうで

期待した分・・・・・はずれ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »