カテゴリー「■四国お遍路編」の15件の記事

八十八か所めぐり

2016年4月 3日 (日曜日)

5年がかりで四国お遍路 結願

5年がかりで四国霊場お遍路 結願         

結願寺は1番札所 竺和山 霊山寺で・・・・

5年前は順打ちで36番まで       今回逆打ちで37番まで

白鷺のお城が見たくて 姫路経由で四国上陸

3月22日 八十八番札所大窪寺から  

逆打ち遍路  88-87-86-85

歩き遍路スタートと香川でお接待を受けて

・・・・・・・香川県   

八十五番 八栗寺から車遍路 83-84-82-81-80-79-78-77

そして八栗寺の近くの山田屋のうどんは旨かった

何件か食したが 一番おいしかったのは山田屋のうどん

・・・・・・・香川県から愛媛県 

76-75-74-72-73-71-70-69-68-67-66-65

車遍路と歩き遍路  このあたりから 桜も開花し始める

七十五番善通寺の五重塔はきれいだった

七十一番弥谷寺は最後の階段山道は鬼のように長く 長く・・・・・・(^^;

六十六番雲辺寺の帰りのロープウェイは風に煽られとても危険に思えた

・・・・・・・・・愛媛県西条市の歩きお遍路 64-63-62

大きな鳥居が見えて 石鎚山神社に寄り道 桜は5分咲き

ここで初めて 「黒竹」なるものを見た

スーパーマルナカがイオンになっていた

・・・・・・・・・今治市 歩きお遍路  58-57-56-54

今治銀座はシャッター通りになっていた

・・・・・・・・・松山市 車遍路41-42-43-44-45 

歩き遍路46-47-48-49-50

四十七番八坂寺までの道のりは 春そのもので歩きやすい

桜はあちこちで五分咲き

・・・・・・・・・四国八十八ヶ所霊場結願寺は一番寺竺和山 霊山寺

そこから総本山金剛峯寺(こんごうぶじ)

金剛峯寺(こんごうぶじ)から奥の院まで 6キロ程度の徒歩歩 

歩かないと判らないことが多い

・・・・・・・・・・・・・・歩いて良かった

気づきは 世界遺産になったからか町がきれい ?

・・・・・・・四国霊場は5年前と比べて とにかく 「トイレ」がきれいになっていた

町内には外国人が6割以上は徘徊していたような

世界文化遺産の付加価値はすごい

もう一度 来てみたい場所の一つになった

ここの奥の院入口から 奥の院までの1.5km・・・・・お墓の列は圧巻 

戦国の歴史が詰まっているかも

Dscn6516

奥の院

Dscn6530

高野山 奥の院 ご朱印

Dscn6696

Dscn6700

お遍路期間 日々晴天  (^^;

お遍路無事報告の伊勢神宮  お参りは 「雨」

次は 完全歩き遍路に挑戦することができるかどうか 思案中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金曜日)

四国お遍路の回顧のおまけ

四国八十八霊場の内

四十五ヶ所を回ってきました

今回は徳島と高知をメインで

次の機会は

完全徒歩でご朱印の無いお寺さんの

・・・・・・・・ご朱印をいただきに ^_^;

!タクシードライバーさんからのレクチャーは

●一度全部車で回り 環境を体験して計画する

●必ず宿泊場所を決めてお参りする

●札所通り回るだけでない・・・逆打ちも検討する

・感じたこと (^_^;)

・お寺は・・・ほぼ商業化しています (良い 悪いはべつにして)

お遍路さんの仕方でモチベーションが違います

!歩き

!自転車

!オートバイ

!車

!バスツアー

途中歩きから・・車お遍路に変えてから

・・・・・歩きお遍路の方と遭遇すると

“あたま”が下がります

・・・・・尊敬の念が生まれます

お遍路の仕方・・・感覚では

歩きお遍路さんは20%くらい

ツアーで40%

車で30%

でしょうか・・・当てにはなりませんが 

Map_88

納経帳にご朱印をいただいた(お参りした)お寺一覧

00000

徳島県 1番 霊山寺  
1_2 

徳島県 2番 極楽寺  
2

徳島県 3番 金泉寺  
3

徳島県 4番 大日寺
4_2

徳島県 5番 地蔵寺
5   

徳島県 6番 安楽寺
6   

徳島県 7番 十楽寺  
7

徳島県 8番 熊谷寺  
8

徳島県 9番 法輪寺 
9

徳島県 10番 切幡寺
10

徳島県 11番 藤井寺
11 

徳島県 12番 焼山寺
12

徳島県 13番 大日寺
13

徳島県 14番 常楽寺
14

徳島県 15番 国分寺
15_2 

徳島県 16番 観音寺
16

徳島県 17番 井戸寺
17

徳島県 18番 恩山寺
18

徳島県 19番 立江寺
19

徳島県 20番 鶴林寺
20

徳島県 21番 太龍寺
21

徳島県 22番 平等寺
22

徳島県 23番 薬王寺
23


高知県 24番 最御崎寺
24 

高知県 25番 津照寺  
25

高知県 26番 金剛頂寺
26

高知県 27番 神峰寺
27

高知県 28番 大日寺
28 

高知県 29番 国分寺
29 

高知県 30番 善楽寺
30

高知県 31番 竹林寺
31

高知県 32番 禅師峰寺
32

高知県 33番 雪蹊寺
33

高知県 34番 種間寺
34

高知県 35番 清瀧寺
35

高知県 36番 青龍寺
36

高知県 37番 岩本寺
高知県 38番 金剛福寺
高知県 39番 延光寺
愛媛県 40番 観自在寺
愛媛県 41番 龍光寺
愛媛県 42番 仏木寺
愛媛県 43番 明石寺
愛媛県 44番 大宝寺
愛媛県 45番 岩屋寺
愛媛県 46番 浄瑠璃寺
愛媛県 47番 八坂寺
愛媛県 48番 西林寺

愛媛県 49番 浄土寺
49

愛媛県 50番 繁多寺
50

愛媛県 51番 石手寺
51

愛媛県 52番 太山寺
愛媛県 53番 円明寺
愛媛県 54番 延命寺
愛媛県 55番 南光坊
愛媛県 56番 泰山寺
愛媛県 57番 栄福寺
愛媛県 58番 仙遊寺
愛媛県 59番 国分寺
愛媛県 60番 横峰寺
愛媛県 61番 香園寺
愛媛県 62番 宝寿寺
愛媛県 63番 吉祥寺
愛媛県 64番 前神寺
愛媛県 65番 三角寺


香川県 66番 雲辺寺
香川県 67番 大興寺
香川県 68番 神恵寺
香川県 69番 観音寺
香川県 70番 本山寺
香川県 71番 弥谷寺

香川県 72番 曼茶羅寺
72

香川県 73番 出釈迦寺
73

香川県 74番 甲山寺
74

香川県 75番 善通寺・・・総本山
75

香川県 76番 金倉寺
76

香川県 77番 道隆寺
77

香川県 78番 郷照寺
香川県 79番 天皇寺
香川県 80番 国分寺
香川県 81番 白峰寺
香川県 82番 根香寺
香川県 83番 一宮寺
香川県 84番 屋島寺
香川県 85番 八栗寺
香川県 86番 志度寺
香川県 87番 長尾寺
香川県 88番 大窪寺

なぜか・・・^_^; ご朱印の無いお寺の

ものがいただきたい気持ちが・・・・(^^♪

待っててください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土曜日)

祖野(いや)から香川こんぴらさんと

祖野(いや)にて東北の地震の情報を聴いて見て・・・(+_+)

驚き・・・・土曜日には帰ろうかと・・・

情報では鳴門大橋で規制が通れないようだ

もう少し様子を見ることにした

気分転換で・・・・朝に近隣をウォーキンク゛

有名?な かずら橋を見に

以下説明文

『平家一族の哀話を秘める、秘境“祖谷”にあるかずら橋。

シラクチカズラ(重さ約5トン)で作られたもので、長さ45m・幅2m・水面上14m。

昔は深山渓谷地帯の唯一の交通施設であった。

3年毎に架替えが行われる。(国・県指定重要有形民俗文化財)』

途中伊豆の踊り子号と同じ レトロバスが

1103_003

1103_004_2

1103_005 

1103_012

1103_014

1103_015 

1103_016

まあまあと感動は少し 渡るのに

・・・・・有料でしたので

見るだけに

もっとすごい建物が

・・・・巨大に渓谷にかかる基礎を持つ建物

1103_007

建物上は箱物でお土産や地域商品を販売しており

観光バス用の駐車場も併設ですね

もっとすごいのが・・・・急な山の傾斜地に

天空の家が点在し輝いています

・・・建物の上がそうですね

駐車場から降りたら橋まではみやげもの屋の前を

通らないといけない仕組になっていました

一回り1時間して宿に戻り

帰るか・・・香川の車遍路にするかと悩み

結果は香川の車遍路に決めて

一路香川に

途中に巨大渓谷の麓に小便を落とす

小便小僧が有り・・・・見ただけ

意味が・・・不明

1103_023

1103_024

1103_026

1103_028_2

1103_030   

1103_031

ナビの進めるままこんぴらさんに

到着したがナビはどんどん進める

途中・・・すべて有料駐車場で

伊豆と同じで引き込みがすごい

“おいで” 

“おいで”

“おいで”

ナビはそんなものを無視して

どんどんと山へ着いたのは

“琴平公園”の無料駐車場で

地元車しか止めていなかった

・・・ナビを初めて褒めた

1103_047

ただしこんぴらさんの入口までは300メートル程歩き

1103_038

1103_036

1103_039

つらそうな カゴカキの人

1103_045

2回ほど息を切らせて

本堂まで・・・・神社でしたね

趣はお寺のようで

もちろんお参りして戻りました

1103_040

本堂からの麓の風景

1103_041

時間がないので急ぎ車遍路に

Map_88_2

遠くて近い近隣からと

西側の一帯に

1103_055

七十七番札所道隆寺から逆打ちに

1103_051

1103_052

1103_053

七十六番金倉寺に

1103_056 

1103_057

1103_060

七十五番善通寺に

ここで“大恥”をさらしてしまった

納経帳に記帳していただくときに

私が・・・・一番広くて大きくきれいなお寺ですね・・・と

相手・・・・(+_+)

相手・・・真言宗善通寺派総本山ですからね

私・・・(+_+) 知らなんだ・・・と独り言

とにかく本堂と太子堂と間違えたくらい大きい

1103_062

1103_063

1103_064

1103_065

1103_066

1103_067 

1103_068

1103_069

1103_070

いやー驚くほどきれいです 

そして七十四番札所甲山寺

1103_073

1103_074

1103_071

 

七十二判札所曼茶羅寺に

1103_082

1103_084

1103_085 

1103_087

そして四国で最終の七十三番札所出釈迦寺に

1103_089

1103_090

1103_091

1103_092

1103_093

3名の修行僧

ハモっていました・・・^_^;

後ろで合わせて・・・・(^^♪

1103_094

急ぎ車遍路でした

やはり次回はすべて歩き遍路で

完結希望して・・・・

日曜日静岡に帰りました

高松市を早朝5時出発で

大鳴門橋を渡る

Dscf1694

明石海峡大橋を渡る・・・本州 神戸市に

・・・・夜明けました (-_-)zzz

Dscf1697

Dscf1698

Dscf1701 

スタートは4752キロで到着が6971キロ

2219キロの空間でした

・・・・・・帰ってからが一番疲れました

地震・津波

・富士宮地震は夜中震度6で飛び起きました・・・(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金曜日)

松山道後から祖野(いや)に

車を宿で預かっていただけることになり

9時出発で近隣の霊場回り

時間に押されてこれから近場周辺のお遍路

・徳島で1日余分にかかった分が・・・・・(^_^;)

旅館の近くに道後温泉のシンボル

道後温泉本館を・・・・見て

3000年を超える歴史をもつ道後温泉

そのシンボルは明治27年に建築されたそうだ

Dscf1553

Dscf1554

Map_88

五十一番札所石手寺に

5150

15分程度で到着 平地です (^_^;)

ここはなんとなくですが アジアを彷彿させる

空間が点在しています

Dscf1523

Dscf1526

Dscf1528

やはりバスでのツアーが多いでする

逆打ちで五十番繁多寺に

Dscf1532

Dscf1533

四十九番浄土寺に

5049

Dscf1534

Dscf1535

ここから宿に引き返し

車を取りにいきますが

ちょうど寺の近くに松山行きの電車が有り

電車で移動

Dscf1536

Dscf1537

Dscf1538

Dscf1539

松山駅から道後温泉まで

路面電車で

Dscf1542 

Dscf1540

ぼっちゃん電車だそうです

Dscf1545

Dscf1546

お昼を適当にしまして

宿に車を取りに・・・・

乗って距離メーターを見ると

6000キロを超えて・・・・・オイル交換

オートバックスでオイル交換の割引カードを

ムダにしたくなく ナビで探すと5キロ先に

・・・・・直行で

Dscf1557_2

40分で完了

午後は祖野(いや)渓谷

大歩危 小歩危を観光と今日の宿泊目的で

Dscf1558

Dscf1559

ここでラジオからの情報で

鳴門に津波警報発令と

また四国に地震でもと・・・・(-_-;)

“おおきな勘違い”をしていました

Dscf1561

Dscf1565

Dscf1567

Dscf1568

Dscf1569 

Dscf1571

Dscf1572

今日は祖野(いや)に宿を取り

なぜか そや と呼んでしまう

“いや”と読むのは地域の方だけてしようか

明日は “かす゜ら橋”周辺を歩く予定です

気分転換と脚の癒しを・・・・爆睡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木曜日)

三十一番竹林寺から

   Map_88_9

三十三番から三十一番に

3132302928

1103_048_2

三十一番竹林寺 

本堂は工事まっ最中で

気にしながらのお参り

1103_049_2

1103_050_2

1103_051_2

1103_052_2

三十二番禅師峰寺に

ここは記憶にないほど

忘れました・・・・思い出し

ここはナビが・・・・・

まもなく300メートル付近手前で

トンネルに入り・・・ナビがトンネルの真ん中で

・・・・・到着 ? ?

寺など無い

・・・・意味不明

トンネル抜けて再チャレンジ

又 同じ結果で

少し先まで走らせて再ナビしたら

山の頂上でした・・・・・(^_^;) 三十二番札所

1103_053_2

1103_054_2

1103_056_3

三十番善楽寺に

1103_060_2

1103_061_2

1103_063

二十九番国分寺に

アプローチの長いお寺で・・

1103_064

1103_065

1103_066

1103_067_2

このご夫婦には何回か

・・・遭遇しているような・・

思い違いか

1103_068

二十八番大日寺に

徳島十三番も大日寺と同じ名前で

一時混乱しましたが

高知県では最終のお寺です

お参りできなかったお寺は次回に

1103_070

1103_072

1103_071

ここに来て気がついたのは

徳島の一番からの人手はすごく多く

高知の人手は少なく

雲泥の差で高知は静かです、

皆さん途中でバラけるのでしょうか

それと商業化しすぎているお寺と

純朴なお寺と二極化しているように

感じましたが・・・・私だけでしょうか

巡礼者も

●歩き

●自転車

●オートバイ

●自動車

●ツアーバス

と価値観も千差万別ですが・・・・・(^_^;)

日もボチボチ落ちてきて

これから・・・・松山に向かいます

今夜は愛媛で泊

1103_074

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桂浜を後にして三十六番札所青龍寺から逆打ち

Map_88_8

桂浜を後にして三十六番札所青龍寺まで

・・・・・20キロほどの移動

36353433

1103_012_2

1103_013_2

到着

山の中腹に位置していました

1103_014_2

1103_015_2

1103_016_2

坂登の途中で

お経が “重心”に聞こえ始めて

横を見ましたら

滝行の女性

男性はご主人かどうか

一緒にお経を上げていました

初めて見させていただきました

1103_017_2

本堂と大師堂にお参りしました

1103_020_2

三十五番清瀧寺に

1103_024_2

1103_025_2

ここから山道に入ります

遠くの山の中腹にナビが→を指して

ここも山の中腹で

・・・・歩き遍路にはまたまたきついお寺 (^_^;)

1103_027_2

1103_028_2

本堂の左は桜で右は梅が咲いて

春の息吹を感じます

1103_029_2

山からの麓の景色は最高です

ここでおばあさんとしばらく歓談

“75歳最近まで麓から歩いて日々

お参りしていたが年が年で今は

タクシーで来てお参りしている”

本堂の前の銅像は75年前に建てられ

自分と同じ年・・・・・などなと

良い時間を過ごさせていただきました

1103_030_2

1103_031_2

1103_032_2

三十四番種間寺に

1103_033_2

1103_038_3

1103_037_2

1103_036_2

三十三番雪蹊寺に

1103_040_2

昨日から風邪気味とシップ薬を手当てする

1103_039_2

1103_041_2 

こちらも静かで

タンタンとお参りして

・・・・・・足早に次に向かいました

1103_044_2

1103_045_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県は桂浜から・・・

Map_88_7

高知県高知市に昨日の夜に入り

予定は桂浜を観光してから車お遍路の予定

はりまや橋はただの橋で川はありません

施設だけ残して・・・

1103_001

なつかしい路面電車

1103_002

誘導通り進むと自動的に有料駐車場に

引き込まれた

桂浜を見学するには

“無理やりに有料”に引き込むように

レイアウトされていた・・・伊豆に似ている

ビジターウエルカムで無く

“金落とせ”がミエミエで・・・・^_^;

ここまでやるかと逆に関心してしまった

これで龍馬さんは喜んで(^^♪ますか

無料の駐車場は皆無のようで・・・・(^_^;)

1103_003

1103_004_3

1103_007_2

1枚撮っていただきました

坂本竜馬像は意外にも大きくて

・・・・・驚きました

1103_008

テレビ・新聞で良く出てくる絵ですが

きれいに管理それています

当然です 有料ですから

1103_011_2

ふ~んで終わり

なにかつまらないものだけが

印象に残りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水曜日)

二十三番札所まで行けば・・・徳島は結願

Map_88_6

今日から高知県の予定を覆し

二十二番札所と二十三番札所を残して

このまま高知県は無いと思い・・・・・^_^;

徳島県はすべて完了して高知県に向かうことにする

残りの二十二番、二十三番を予定する

徳島市内から二十二番に車遍路

212223

1103_004_2   

1103_007

1103_009 1103_010

1103_011

1103_014

ここから二十三番札所

徳島県最終の薬王寺に

ここで先達?風の

歩きお遍路さん 一人旅の方に・・・・

1103_015

1103_016

1103_017

二十三番札所に到着

階段が・・・・・結構脚にきます

1103_019 

1103_020

この急激な階段は・・・(>_<)

笑いがでるほど・・・(^^♪

1103_021

1103_022

いよいよ高知県に

二十四番札所室戸岬の先端の最御崎寺に

ここは二十三番から二十四番まで

60キロの距離が有り1日の歩きでは

到底無理で至る場所に民宿が点在していました

・・・・・・余談ですが

歩き遍路、車遍路などお寺で

お互いが声を掛け合って

他人とは思えない感覚はなんなのて゜しょう

“お気をつけて”の言葉があたたかく感じます

1103_023

24252627

1103_024

ここは伊豆半島かと

言われれば・・・・ハイと答えたいほど

伊豆の東海岸に似ています

1103_025

1103_026

1103_027

先日遭遇したチャリンコ学生お遍路さん

がんばってください

後ろからそっと降りて

撮らせていただきました

相当に疲れたようなこぎ方で・・・・(-_-;) 

1103_028

60キロを歩いてのお遍路さんを見かけて

・・・次回は“歩きお遍路”に挑戦を掻き立てられました

・・・感謝

1103_029

途中の景色で巨岩が目の前に

夫婦岩と名をしていました

1103_031

1103_033

伊豆半島を彷彿させる

風景が続きます

多分空海さんでしょう

1103_036

室戸岬に到着で休憩と記念撮影

・・・・自分撮影も大変です

気温10度以下で寒く風強し

1103_038_2

1103_039

二十四番札所の案内が出てきて

もうすぐ到着

1103_042

到着しました・・・・が

海沿いの道路から一挙に

坂をかけ上がった場所で・・・歩きの場合は

・・・・相当にきついと思います

標高差160メートル前後と思いますが

急なS字道路は・・・・・・時間を掛けて

1103_043

イメージ的に寒い・さみしさを感じたお寺

お寺までのアプローチは木々で覆われ

暗いです・・・これが原因か

1103_044

1103_045

1103_047

二十五番札所津照寺(階段が急)に

1103_049

1103_050

この階段です

急な階段

・・・・・ゼーゼーいいながら

・・・・^_^; (>_<)

基本的に真言宗のお寺は

山の上か山の中腹に多く点在しているようですね

とにかく1つ上

1103_051

二十六番札所に

1103_052

1103_053

二十六番到着

静かな静かなお寺でした

この時間のお遍路さんは見かけませんでした

1103_054

1103_055

二十七番札所に

こちらは山寺で少し街道から

奥に入った場所で静かでしたね

1103_056_2

1103_058

1103_059

1103_060

1103_061

1103_062

明日は歩きをメインに予定していますが・・

1103_067

高知市内に入り宿泊

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火曜日)

四国霊場組みなおし二十一番札所から

Map_88_5

2120

予定がくるくる変わり割には

体調・・・・脚も結構戻りつつ

今日は宿から車で40キロの二十一番太龍寺に

Dscf1297

渓流を行ったりきたりで方向音痴に

東西南北・・・^_^; 不明

ロープウエイ利用の太龍寺に到着

Dscf1303

階段の連続と

天空の感覚

Dscf1314

Dscf1316

麓を見ると足が震えるほどの高さ

・・・・・(>_<)

Dscf1318

Dscf1313

Dscf1304

Dscf1308

Dscf1310

天空のお寺

幻想的なお寺で一つの思いでになりそうです

一通り済ませて一服して

二十番鶴林寺に

30分ほどで着きました

同じように山寺です

Dscf1294_3

Dscf1321

Dscf1324

Dscf1326

こちらで見かけた自転車お遍路さん(学生さん?)

は翌日にも再会をいたしました

再度徳島駅に戻り

20tokusima

徒歩遍路の予定

徳島駅での食事は徳島ラーメン

とんこつ濃い口・・・・・^_^; 合いませんでした

Dscf1327

食事を済ませて電車で

徳島駅から府中駅(こうえき)まで

十七番井戸寺に

無人駅でした・・・・^_^; ふちゅうえきでなく 

こうえきと読むそうです ^_^;

逆打ちします・・・約10キロ弱

1713

Dscf1335

Dscf1336

ここから1キロ程度井戸寺に

Dscf1329

Dscf1330

Dscf1332

井戸寺と名前が示すように

水を販売していました

1716

十六番観音寺に3キロ

住宅街の歩きです

Dscf1340

十六番観音寺を後に十五番国分寺に

161514

Dscf1343

Dscf1345

Dscf1346

Dscf1347

十四番常楽寺に

Dscf1351

Dscf1353

Dscf1354

Dscf1355_2

Dscf1356

十三番大日寺に

ここからまたまた脚に痛みが走り ^_^;

距離はありませんが

辛い歩きでした 16時を回っていましたので

17時までに行かないと・・・・・^_^;

1413

Dscf1360

Dscf1361

Dscf1362

Dscf1365

Dscf1368

なんとか・・・・着いたのが17時10分前

17時になったら・・・しっかりと閉めていた

『17時以降は受付しない』・・・と聞いていたが

情報は正確でした

労務管理は当社以上・・・・^_^;すばらしい?

このお寺のまん前に神社が

徳島で一番古い重要文化財の神社の説明でした

一宮神社詳細

Dscf1366 

十三番で今日の予定は終了

約13キロの徒歩歩で

少々の疲れ・・・・・^_^; (-_-;)

バス亭 大日寺前から徳島駅まで

40分 

徳島市泊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月曜日)

十番札所から・・・・が

Map_88_4

朝起きての足の状態は最悪で

下り階段はとても・・・・笑ってしまうほど

・・・・・痛くて (^^♪ (>_<)

今日の予定は宿泊先から十番札所切幡寺まで4キロ

そこから十一番藤井寺

そして十二番の焼山寺の行程予定

910

多分・・・・いやいや歩くのは無理

と判断して電車で鳴門の宿まで車を取りに

そして“車遍路に変更”を選択

そして宿から徳島線の“鴨島駅”まで歩いて

3キロ・・?の行程が

110305_130

110305_132

吉野川です

これが1キロ以上のある

長ーい橋

110305_133 

Kamoshima

4キロを歩いて予定の電車に3分遅れ・・・(-_-;)

3キロ計算で10分余裕の筈が・・・・・(-_-;)

・・・・・(・・)

足のもつれと・・・・予定は予定

中々予定通りにはいけません

仕方なく駅で徳島駅まで最短の選択を

聴いたら5分後に徳島駅行きのバスが有り (^^♪

40分程度で着くとのことで決定

110305_135

お客は私前の一人だけ・・・

この辺りは便が悪く車がないと大変だそうです

110305_137

徳島駅に到着し次に目指したのは

“徳島阿波おどり空港”近くの宿

これもバスが30分後に有り (^^♪

110305_139

無事に到着

大きい地図 

ここから再スタートで今来た行程を逆戻りで

タイムロス1時間30分・・・・^_^;

“車遍路”・・^_^;に変更

まずは十番切幡寺まで一気に

10

110305_142

110305_143_2

車遍路は写真も少なくなるようで

ここでお昼も近く

“路のところどころ”で“たらいうどん”の

カンバンをあちこちで見かけて

興味が沸いてお昼はうどんに

路の案内順にきたら

“かねぎん坂野”に

そのまま入店しました

Photo

110305_149

110305_145

110305_148

失礼します・・・・

写真1枚いただきました

これと同じものを・・・・

ついでに 鳥のモモ肉焼きを1本

800円 まあまあおいしくいただきました

110305_150

午前中は雨と曇りで体力低下 ?

午後から晴れ

十一番札所藤井寺に

1012

110305_151_2

110305_154_2

ここで次の十二番焼山寺は2通り

歩いて13キロ 山越え直線と

110305_155_2

車で32キロ ぐるーと沢回りを選択

ここでご夫婦の方と会話

明日ご夫婦はご夫人は徒歩で13キロ

ご主人は車で32キロお寺で待ちあわせという

いいですね・・・(^^♪

お互いに“お気をつけて”と分かれました

110305_156

沢と渓流をぐるーと回り

110305_158_2

110305_159_2

110305_160_2

110305_162

110305_163_2

典型的な山寺で

山奥の静かなお寺でした

石段の石が他とは違うような・・・・?

不明です

110305_164_2

次に十八番に

十二番から十八番恩山寺は車で近い為

選択しました

1218192021

110305_165_2

110305_168

110305_169

110305_170

車でのお遍路は結構寺の印象を薄くします

今日最終の十九番立江寺に

110305_171

110305_173

110305_174 

ここで・・・^_^;

白衣を購入

お遍路さん参加の違和感から

普通になじむように

そして般若心経も声を出して読経も・・・^_^;

110305_175

110305_177

だんだんと四国お遍路に

なじんだころ 

後ろの手ぬぐいは一番札所で購入したものです

撮るのも大変です

鳴門泊

| | コメント (0) | トラックバック (0)