カテゴリー「■四国お遍路編」の9件の記事

八十八か所めぐり

2011年3月10日 (木曜日)

高知県は桂浜から・・・

Map_88_7

高知県高知市に昨日の夜に入り

予定は桂浜を観光してから車お遍路の予定

はりまや橋はただの橋で川はありません

施設だけ残して・・・

1103_001

なつかしい路面電車

1103_002

誘導通り進むと自動的に有料駐車場に

引き込まれた

桂浜を見学するには

“無理やりに有料”に引き込むように

レイアウトされていた・・・伊豆に似ている

ビジターウエルカムで無く

“金落とせ”がミエミエで・・・・^_^;

ここまでやるかと逆に関心してしまった

これで龍馬さんは喜んで(^^♪ますか

無料の駐車場は皆無のようで・・・・(^_^;)

1103_003

1103_004_3

1103_007_2

1枚撮っていただきました

坂本竜馬像は意外にも大きくて

・・・・・驚きました

1103_008

テレビ・新聞で良く出てくる絵ですが

きれいに管理それています

当然です 有料ですから

1103_011_2

ふ~んで終わり

なにかつまらないものだけが

印象に残りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水曜日)

二十三番札所まで行けば・・・徳島は結願

Map_88_6

今日から高知県の予定を覆し

二十二番札所と二十三番札所を残して

このまま高知県は無いと思い・・・・・^_^;

徳島県はすべて完了して高知県に向かうことにする

残りの二十二番、二十三番を予定する

徳島市内から二十二番に車遍路

212223

1103_004_2   

1103_007

1103_009 1103_010

1103_011

1103_014

ここから二十三番札所

徳島県最終の薬王寺に

ここで先達?風の

歩きお遍路さん 一人旅の方に・・・・

1103_015

1103_016

1103_017

二十三番札所に到着

階段が・・・・・結構脚にきます

1103_019 

1103_020

この急激な階段は・・・(>_<)

笑いがでるほど・・・(^^♪

1103_021

1103_022

いよいよ高知県に

二十四番札所室戸岬の先端の最御崎寺に

ここは二十三番から二十四番まで

60キロの距離が有り1日の歩きでは

到底無理で至る場所に民宿が点在していました

・・・・・・余談ですが

歩き遍路、車遍路などお寺で

お互いが声を掛け合って

他人とは思えない感覚はなんなのて゜しょう

“お気をつけて”の言葉があたたかく感じます

1103_023

24252627

1103_024

ここは伊豆半島かと

言われれば・・・・ハイと答えたいほど

伊豆の東海岸に似ています

1103_025

1103_026

1103_027

先日遭遇したチャリンコ学生お遍路さん

がんばってください

後ろからそっと降りて

撮らせていただきました

相当に疲れたようなこぎ方で・・・・(-_-;) 

1103_028

60キロを歩いてのお遍路さんを見かけて

・・・次回は“歩きお遍路”に挑戦を掻き立てられました

・・・感謝

1103_029

途中の景色で巨岩が目の前に

夫婦岩と名をしていました

1103_031

1103_033

伊豆半島を彷彿させる

風景が続きます

多分空海さんでしょう

1103_036

室戸岬に到着で休憩と記念撮影

・・・・自分撮影も大変です

気温10度以下で寒く風強し

1103_038_2

1103_039

二十四番札所の案内が出てきて

もうすぐ到着

1103_042

到着しました・・・・が

海沿いの道路から一挙に

坂をかけ上がった場所で・・・歩きの場合は

・・・・相当にきついと思います

標高差160メートル前後と思いますが

急なS字道路は・・・・・・時間を掛けて

1103_043

イメージ的に寒い・さみしさを感じたお寺

お寺までのアプローチは木々で覆われ

暗いです・・・これが原因か

1103_044

1103_045

1103_047

二十五番札所津照寺(階段が急)に

1103_049

1103_050

この階段です

急な階段

・・・・・ゼーゼーいいながら

・・・・^_^; (>_<)

基本的に真言宗のお寺は

山の上か山の中腹に多く点在しているようですね

とにかく1つ上

1103_051

二十六番札所に

1103_052

1103_053

二十六番到着

静かな静かなお寺でした

この時間のお遍路さんは見かけませんでした

1103_054

1103_055

二十七番札所に

こちらは山寺で少し街道から

奥に入った場所で静かでしたね

1103_056_2

1103_058

1103_059

1103_060

1103_061

1103_062

明日は歩きをメインに予定していますが・・

1103_067

高知市内に入り宿泊

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火曜日)

四国霊場組みなおし二十一番札所から

Map_88_5

2120

予定がくるくる変わり割には

体調・・・・脚も結構戻りつつ

今日は宿から車で40キロの二十一番太龍寺に

Dscf1297

渓流を行ったりきたりで方向音痴に

東西南北・・・^_^; 不明

ロープウエイ利用の太龍寺に到着

Dscf1303

階段の連続と

天空の感覚

Dscf1314

Dscf1316

麓を見ると足が震えるほどの高さ

・・・・・(>_<)

Dscf1318

Dscf1313

Dscf1304

Dscf1308

Dscf1310

天空のお寺

幻想的なお寺で一つの思いでになりそうです

一通り済ませて一服して

二十番鶴林寺に

30分ほどで着きました

同じように山寺です

Dscf1294_3

Dscf1321

Dscf1324

Dscf1326

こちらで見かけた自転車お遍路さん(学生さん?)

は翌日にも再会をいたしました

再度徳島駅に戻り

20tokusima

徒歩遍路の予定

徳島駅での食事は徳島ラーメン

とんこつ濃い口・・・・・^_^; 合いませんでした

Dscf1327

食事を済ませて電車で

徳島駅から府中駅(こうえき)まで

十七番井戸寺に

無人駅でした・・・・^_^; ふちゅうえきでなく 

こうえきと読むそうです ^_^;

逆打ちします・・・約10キロ弱

1713

Dscf1335

Dscf1336

ここから1キロ程度井戸寺に

Dscf1329

Dscf1330

Dscf1332

井戸寺と名前が示すように

水を販売していました

1716

十六番観音寺に3キロ

住宅街の歩きです

Dscf1340

十六番観音寺を後に十五番国分寺に

161514

Dscf1343

Dscf1345

Dscf1346

Dscf1347

十四番常楽寺に

Dscf1351

Dscf1353

Dscf1354

Dscf1355_2

Dscf1356

十三番大日寺に

ここからまたまた脚に痛みが走り ^_^;

距離はありませんが

辛い歩きでした 16時を回っていましたので

17時までに行かないと・・・・・^_^;

1413

Dscf1360

Dscf1361

Dscf1362

Dscf1365

Dscf1368

なんとか・・・・着いたのが17時10分前

17時になったら・・・しっかりと閉めていた

『17時以降は受付しない』・・・と聞いていたが

情報は正確でした

労務管理は当社以上・・・・^_^;すばらしい?

このお寺のまん前に神社が

徳島で一番古い重要文化財の神社の説明でした

一宮神社詳細

Dscf1366 

十三番で今日の予定は終了

約13キロの徒歩歩で

少々の疲れ・・・・・^_^; (-_-;)

バス亭 大日寺前から徳島駅まで

40分 

徳島市泊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月曜日)

十番札所から・・・・が

Map_88_4

朝起きての足の状態は最悪で

下り階段はとても・・・・笑ってしまうほど

・・・・・痛くて (^^♪ (>_<)

今日の予定は宿泊先から十番札所切幡寺まで4キロ

そこから十一番藤井寺

そして十二番の焼山寺の行程予定

910

多分・・・・いやいや歩くのは無理

と判断して電車で鳴門の宿まで車を取りに

そして“車遍路に変更”を選択

そして宿から徳島線の“鴨島駅”まで歩いて

3キロ・・?の行程が

110305_130

110305_132

吉野川です

これが1キロ以上のある

長ーい橋

110305_133 

Kamoshima

4キロを歩いて予定の電車に3分遅れ・・・(-_-;)

3キロ計算で10分余裕の筈が・・・・・(-_-;)

・・・・・(・・)

足のもつれと・・・・予定は予定

中々予定通りにはいけません

仕方なく駅で徳島駅まで最短の選択を

聴いたら5分後に徳島駅行きのバスが有り (^^♪

40分程度で着くとのことで決定

110305_135

お客は私前の一人だけ・・・

この辺りは便が悪く車がないと大変だそうです

110305_137

徳島駅に到着し次に目指したのは

“徳島阿波おどり空港”近くの宿

これもバスが30分後に有り (^^♪

110305_139

無事に到着

大きい地図 

ここから再スタートで今来た行程を逆戻りで

タイムロス1時間30分・・・・^_^;

“車遍路”・・^_^;に変更

まずは十番切幡寺まで一気に

10

110305_142

110305_143_2

車遍路は写真も少なくなるようで

ここでお昼も近く

“路のところどころ”で“たらいうどん”の

カンバンをあちこちで見かけて

興味が沸いてお昼はうどんに

路の案内順にきたら

“かねぎん坂野”に

そのまま入店しました

Photo

110305_149

110305_145

110305_148

失礼します・・・・

写真1枚いただきました

これと同じものを・・・・

ついでに 鳥のモモ肉焼きを1本

800円 まあまあおいしくいただきました

110305_150

午前中は雨と曇りで体力低下 ?

午後から晴れ

十一番札所藤井寺に

1012

110305_151_2

110305_154_2

ここで次の十二番焼山寺は2通り

歩いて13キロ 山越え直線と

110305_155_2

車で32キロ ぐるーと沢回りを選択

ここでご夫婦の方と会話

明日ご夫婦はご夫人は徒歩で13キロ

ご主人は車で32キロお寺で待ちあわせという

いいですね・・・(^^♪

お互いに“お気をつけて”と分かれました

110305_156

沢と渓流をぐるーと回り

110305_158_2

110305_159_2

110305_160_2

110305_162

110305_163_2

典型的な山寺で

山奥の静かなお寺でした

石段の石が他とは違うような・・・・?

不明です

110305_164_2

次に十八番に

十二番から十八番恩山寺は車で近い為

選択しました

1218192021

110305_165_2

110305_168

110305_169

110305_170

車でのお遍路は結構寺の印象を薄くします

今日最終の十九番立江寺に

110305_171

110305_173

110305_174 

ここで・・・^_^;

白衣を購入

お遍路さん参加の違和感から

普通になじむように

そして般若心経も声を出して読経も・・・^_^;

110305_175

110305_177

だんだんと四国お遍路に

なじんだころ 

後ろの手ぬぐいは一番札所で購入したものです

撮るのも大変です

鳴門泊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日曜日)

七番十楽寺から八番熊谷寺から九番法輪寺

Map_88_3 

一番からスタートしボチボチと足が動きません

・・・・・フクラハギ^_^;

・・・・・右足の甲 ^_^;

・・・・・腿 ^_^;

七番はすぐそこ1キロもありませんが

気持ちを盛り上げて歩きスタート

67

110305_112 

途中で古墳を発見して

休憩兼ねて (^^♪

気分転換

110305_113

110305_114

・・・・・・なんとか到着

110305_115

110305_116

110305_117

七番から八番熊谷寺へ

気持ちは歩きたい・・・・(-_-;)

足は・・・・・歩けない

体と相談・・・・・無理は危険 (-_-;) (^^♪

タクシー移動に決定 ^_^;

78_2

110305_118

110305_121

八番札所熊谷寺もお参りし

いよいよ今日最後の九番法輪寺に

足の痛さをガマンして最後のふんばりで歩きます

110305_122

雨も本格的に降りに体も疲れて

限界の手前か・・・・(-_-;)

110305_123

110305_125

110305_128

なんとか無事に到着

・・・・・終了・・(^^♪・・・一転・・・(>_<)

今日の宿泊予定のビジネスホテルまでの

体力は計算に入れていなかった

3キロをガマンして歩くが

到着後の足は

・・・・足パンパン

・・・・手パンパン

雨天も体力を奪いました

1103_002

1103_003

初日22キロの計算が計算ミスで

・・・・32キロの徒歩結果で ^_^;

限界を超えた歩きで明日は・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四番大日寺から五番地蔵寺から六番安楽寺まで

Map_88_2

三番金泉寺を出発し四番大日寺へ

歩きお遍路さんは何回かお寺で遭遇

又、同じ路をある程度の間隔をあけて歩く

前半は町中

後半は山方面に向きを変え

後半にきつくなる

110305_073

不思議と人に遭遇しない

人の気配を感じない・・・^_^;

110305_074

110305_076

屋根下に丸いもの

たしか造り酒屋の?

神社で休憩

結構歴史のあるような・・・^_^;

岡上神社

110305_078

110305_079

天然記念物の大クスノキ

110305_077

里山の道へ

ここから山側に歩く

110305_081

切通しを歩く

110305_084

ここを過ぎると 梅が満開で・・・(^^♪

香りも漂い

いい空間 (^^♪

110305_085

110305_087

到着です

110305_088

110305_090

お参りし寺を出ると

すぐに東屋があり

ちょうど12時

あの寺で購入した チラシ寿司をいただきます

グリーンピースと金時豆が入って・・・(+_+)

・・・・・・キライな組みあわせでしたで

・・・・・・いただきました

豆が入ったものはめづらしい

110305_091

次の地蔵寺

ケムリ・・・・もうもうと・・・何だろう

歳時の真っ最中で

ホラガイ吹きの生を初めて聴きました

110305_093

110305_096

110305_099

110305_100

百羅漢がすばらしいお寺でした

・・・・・・・・・地蔵寺詳細クリック

この辺りから雲行きが怪しくなり

雨がポツポツと・・・・・(-_-;) 

天気予報が当りましたが

お遍路は進みます

安楽寺に

56

こちらで休憩 バス停と間違えました

ここはお遍路さんのための休憩所だそうです

助かりました

110305_103

110305_105

110305_107

右足の甲に痛みを感じるようになり

九番までいけるかどうか・・・心配に

歩く仲間です

たくましいですね

110305_111

110305_109

110305_108

次は七番十楽寺ですが

雨が落ちてきました・・・・(>_<) (-_-;)

この先は次のページで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霊山寺から第二番極楽寺と三番金泉寺に

Map_88

“お遍路さんグッズ”を少し揃えて

一番札所から二番札所極楽寺に

順調にいいペースでと言ってもまだ1つのみ

110305_051

110305_054

110305_055

110305_056

12_2 

なんなく・・・・第二番極楽寺に到着

お参り後のご朱印

2_2  

なんと大型バスから団体さんが・・・

車でお遍路ですね・・・歩いて

努力して? お札をいただいているのに

価値は同じですか・・・(-_-;) ^_^;

ここで店の売店で 『この先にはお昼を買える場所』は

一切無いと教えられて

お弁当の購入を勧められ

疑問無く 購入したが

・・・・・コンビニ1件

ちょうど11時30分過ぎのところで

・・・・うどんやさんが存在していましたよ

三番の金泉寺へ

23_3

110305_064

110305_063

変わった建物に遭遇したので

紹介 和と洋が一体の建物でした

110305_062

ここから 畑 民家の道?

とのどかな・・・遍路道を テクテクと

このような標が必ず配置されています

110305_065

110305_066

110305_067

梅が満開で香りも・・・

寺の横に出てしまい

110305_069

110305_072

110305_070

三番金泉寺に到着7キロの行程

3_2  

ここまで計 15キロの計算です

次回に続きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にわかの“お遍路さん”

にわかの“お遍路さん”のスタートです

昨日の土曜日は空港の近くで宿泊

これから歩いて・・にわかの“お遍路さん”を

宿のご主人に近辺に駐車場は無いか

わけを言って聞いたところ 

宿のご主人のご好意で

車は一日無料で預かっていただきました。 感謝

とりあえずタクシーを呼んでもらい

“予定通り”に

宿から一番近い駅

"鳴門線の教会前" までタクシーで行き

池谷駅で乗り換えて

一番札所の駅 “高徳線 坂東駅 ”までと予定してましたが

タクシーのドライバーさんの・・・・・小さな親切大きなお世話で ^_^;

なんだかんだと意味不明の地理説明で

結局池谷駅まで行き降ろさせてしまった・・・・^_^;

理由・・・・せっかくだから歩きなさい・・・と

タクシー代も高く付き・・・・・・^_^;

0001

66

Map_88

今日の予定は

一番札所から九番札所を目標に

不安材料は天気予報

午前 お天気 

午後から・・・・・・ “雨” (-_-;)

110305_040_2

乗る予定だった電車反対路線が

通り過ぎました

110305_042

霊山寺の標識が出てきました

110305_045

午後からの天気崩れるが心配の種で ^_^;

30分で到着しました

デジカメ一枚お願いして寺の前で・・・・・

気温は・・・・・寒いです

静岡と比較し暖かいイメージでしたが

・・・・・寒いです

110305_050

お寺に入ると結構な人がお参り

なんの準備のないままに見て聴いて

揃えました

般若心経は中々声を出しては無理でした ^_^;

■◇いろいろとルールがあるようで

●山門を入る時(山門のない場合境内)手を合わせ一礼する。

●手水鉢(水がきれいな場合には口をすすぐ)で手をきよめる。

●鐘楼で鐘を撞く(お寺によっては禁止しているところもある。また参拝後、鐘を撞かない)。

●本堂で

1. 線香、灯明をあげ、お賽銭を納める。写経、納め札を所定の場所におさめる。
2. 揃って般若心経を唱える。
3. それぞれのご本尊を三回繰り返し唱える。
4. 光明真言を三回繰り返し唱える。
5. ご宝号(南無大師遍照金剛)を三回繰り返し唱える。
6. 回向を唱える。

●太子堂で

1. 線香、灯明をあげ、お賽銭を納める。写経、納め札を所定の場所におさめる。
2. 揃って般若心経を唱える。
3. 光明真言を三回繰り返し唱える。
4. ご宝号(南無大師遍照金剛)を三回繰り返し唱える。
5. 回向を唱える。

●山門を出るとき手を合わせ一礼し、左足から出る。

準備品

念珠

数珠の別称で、珠を一つ繰るごとに仏を念ずることから念珠と呼ばれる様になりました。
珠の数は一〇八で煩悩の数になぞられています

持鈴 輪げさ 白衣(はくえ) 手甲 脚絆 輪げさ止め 山谷袋

巡拝パック 納め札 ご納経

納経帳を一冊購入

納め札を購入・・・・お願いことを書いて収める

般若心経を購入

念珠を購入

ろうそく・お線香は手当て済み

実際の第一番の霊山寺のご納経です

達筆です

201012

201012 

110305_058

収め札は以下マニアル

・本堂で読経する前に納め札を納めなければいけない

・この納め札にはあらかじめ今日の日付と住所・名前を書いておかなければいけない

・賽銭箱の横に納め札の箱があるのでそこに自分の札を入れてから

・お賽銭をあげて手をあわせる。

で読経です

真言宗を知らなかったのでwebで調べ・・・^_^;

真言宗は(しんごんしゅう)は空海(弘法大師)によって

9世紀(平安時代)初頭に開かれた くらいの知識を持って

Hanyask_2


つづきは後ほど

32キロを歩いて・・・・・(-_-;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土曜日)

思い立って四国

思い立って四国に・・・・還暦前の

朝五時過ぎに静岡出発

四国八十八箇所の徳島県を中心に徒歩歩のお遍路

愛車のジムニー・・・一台のお供で・・・(-_-;)新車でまだ 4752キロ

110305_022

110305_001

なんだかんだと大阪手前の土山SAに

途中の東名と名神は・・・ご想像

110305_002

そして十五時前・・・・明石海峡・・・の上

明石海大橋です・・・・・(^^♪

110305_006

110305_009

110305_010

車を止めて うづ潮を撮りたいと思いますが・・・^_^;

駐車スペースはまったくありません

残念です・・・・それと・・・疲れました(-_-;)

110305_018

110305_011

淡路島は初めての体験です・・・(^^♪

これから先

・・・・予定ぶっつけ本番

110305_016

110305_021

いよいよ四国徳島上陸です

大鳴門大橋です

110305_028

最初の目的地鳴門市と徳島市に上陸です(^^♪

寝れる・・・・(^^♪

110305_032

鳴門市を中心に寝床散策で

・・・・疲れて

ビジネスホテル確保 (^^♪

・・・爆睡でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)